ナウは創作モンスター

俺が書いたマンガ置き場。雑記もあるよ!

藤子・F・不二雄ミュージアムのお土産に「エスパー魔美」の原画ポスターをもらった

藤子・F・不二雄ミュージアムに行った家族からお土産をもらいました。

エスパー魔美のカラー原画複製ポスター。

f:id:yuruyakanow:20170104193027j:plain

すげー嬉しい。線がキレイ。見ているだけでワクワクしてくる。

机から見えるところに飾っています。

 

ホワイト修正がちゃんと印刷に乗っているのも嬉しい。

f:id:yuruyakanow:20170104193836j:plain

このポスターの他にお菓子なども頂きましたが
藤子・F・不二雄ミュージアムのグッズは総じてクオリティが高かったです。

俺も関東に住んでいた頃に行っておくべきだった!
(将来必ず行くことになりそうです)

エスパー魔美 5 (藤子・F・不二雄大全集)

暦の上ではディセンバー

ベイビーレイズJAPANの りおトン

「でぃせーんばっ」の「ば」の部分のフリ。

f:id:yuruyakanow:20161223160050j:plain

イエッタイガー!!!!

 

セブンイレブンのマルチコピー機でマンガのネームをコピー本として出力

30ページぐらいの短編読み切りマンガを書こう、と
シナリオを書いた。

その脚本をネームにしたら
42ページにもなってしまった。

f:id:yuruyakanow:20161222121527j:plain

ネームを書き進めているうちに、
「このマンガ、面白いのか面白くないのか自分で全然わからねえ
って状態になってしまった。

だから、
セブンイレブンにある高機能な印刷機でコピー本の様にネームを冊子にまとめ
まったく初見の人に読んでもらうことにした

続きを読む

ぼくが手帳に求める条件

  1. 月間カレンダーが日曜始まりであること
  2. 1日1ページ分の記入スペースがあること(日記的な使い方も出来る)
  3. 開いた時に押さえなくてもパタンと机の上で広がること
  4. 入手難度が低いこと

上記の条件をクリアしてくれている高橋書店の手帳を「2017」もリピート購入。

高橋 手帳 2017 デイリー プレシャスダイアリー B6 No.10

f:id:yuruyakanow:20161220123140j:plain

2016年のは表紙が黄色で2017年は水色。(ちょっと女性的すぎるかな)

 

月曜始まりのカレンダーを使っている人を攻撃するつもりはありませんが、
僕は「月曜始まりのカレンダー」を見ると何故だかナーバスになってしまう。(個人的な問題)

そこに、
「現代人の都合でカレンダー(暦)の仕組みを作り替えてしまう傲慢さ」みたいなのを感じ取ってしまうのだ。
(本当はそんなモノはないのはわかっているのだけど)

土曜も日曜も必ず休日の社会人、学校へ通っている子供をもつ親、など、
「月曜始まりのカレンダー」を見ると、「ちゃんとした社会生活を営むまっとうな大人の存在」を強く感じ取ってしまって、不安な気持ちになってくる。

彼らは暦(カレンダー)を作り替えるほどの権力をもっているのだ!

 

もし、日本から日曜始まりのカレンダーがなくなったらどうしよう。


 

超絶クオリティ! 可動式デッサン人形紹介!

可動式デッサン人形を買おうと思い立ったのは…

テレビ番組「浦沢直樹の漫勉」で藤田和日郎がチラッと使っていたのを見たのが切っ掛けだったような(あいまい)

欲しいと思った時にオンライン通販で定価以下で入手可能なものが

このS.H.フィギュアーツ ボディちゃん DX SET(Gray Color Ver.)しかなかったからこれを購入。

 

 届いてみると人形のサイズは想像より小さくて、作りはとても精巧だった。

 f:id:yuruyakanow:20161218110802j:plain

続きを読む