ナウは創作モンスター

俺が書いたマンガ置き場。雑記もあるよ!

異世界にジャンプした時にご馳走になった水棲生物の卵の食レポ

この前(新月の夜だったかな? とにかく暗かった)、
「こっち」の世界から「あっち」の世界へジャンプした時の話――。

今回のジャンプも、例によって例のごとく「レシピ(order)」収集のため。(ま、ようはシゴトってこと(^_-)


別に「あっち」の女に逢うためとか、そういう個人的な理由じゃないから(しょっちゅうジャンプしてるからって変な想像しないように)

 

それはいいんだけど、しょっぱなハプニング

 

 

「あっち」の密林へジャンプして1時間後ぐらいに、高い金を払って雇っていた現地のコーディネーター(濱田岳に似てた)が黒い獣(「こっち」でいうところのヒョウみたいなやつ)に襲われ、ロスト〈永遠の別れ〉してしまう。

「ったく、自分のケツも自分で拭けねえくせにコーディネーター〈扉の守護者〉名乗るんじゃねえ」

そうつぶやきながら俺は一撃でその黒いヤツを「活動停止」させる。(と言っても、額を軽くつついただけ(笑) 弱っ)

俺が「こっち」にジャンプしてきて、コーディネーターが死んじゃうの何回目だ? 俺ってもしかして「死神〈ヘル・エンジェル〉」なんじゃねえか? ったく、コレを読んでるおまえらは変な噂たてないでくれよぉ?(けっこうマジで言ってる

ドシンッ

黒い獣が地面に崩れ落ちると同時に、この密林の原住民達が草木の間からヒョコヒョコと顔をだした。(おいおい(笑)居るんだったら初めからバトルのサポートに出てこいよ、濱田岳似のコーディネーター死なずにすんだかもしれんだろ(苦爆))彼らは歓声を上げながら俺を取り囲んだ!

原住民達がやたらテンション高く(大人数が一度に俺に話しかけてきたから、わずらわしかった)俺に話しかけてきた内容をざっと「翻訳〈アンチ・グーグル〉」すると……。

どうやら最近この黒い獣が畑を荒らし回っており、畑の持ち主である原住民達が困り果てていたらしい。討伐隊を組織して獣に挑んだが二人も死人を出してしまっていたそうだ。(濱田岳を含めると三人ということになる)そこへ通りすがりの異世界人である俺〈高貴なボヘミアン〉が簡単に獣を屠った〈檻へ入れた〉もんだからビックリ仰天、感謝感激雨あられってなわけ。

で、両腕をがっちりつかまれた俺はそのまま原住民の集落へ強制連行されて殺し以外は何でもやっていい夜〉に呼ばれたってわけさ。

 ※原住民たちはしきりに俺のことを「イケメン、イケメン」って言ってたけど、いやいや、俺は「中の上」の、ただのフツメンだよぉ?(苦笑)

 

その宴の前菜として出されたのがこの、水棲生物の卵

f:id:yuruyakanow:20160608002612j:plain

かなり貴重なものらしい。それをこんなに沢山こんもりと。

原住民が使っている器〈うつわ〉は日本の汁椀のようなデザイン。奇妙な類似性がみとめられる。(ふむふむメモメモ←「博士号」の資格持ちアピ(爆))

 

異世界に来たときの大原則!

「謎の卵を出されたら喜んで喰え」

まあこれは経験というより、完全にウチの師匠からの受け売りなんですが(汗) ってか師匠から教えてもらったことって唯一この言葉ぐらい(笑)

「頼むから俺のこと師匠って呼ぶな、おまえは優秀すぎる」とかなんとかいいつつも、皇国〈くに〉からの依頼〈神願〉、毎月2個ぐらいこなしてるじゃないっすか(笑)俺でさえ月に1個ぐらいしか無理なのに(苦笑)

あの人、「あっち」から「さらにあっち」に「二重ジャンプ」するのが大好きだからなぁ。今、どこに居るのやら。ってか、なんでまだ無事でいるの?(笑)そんなに「二重ジャンプ(ジャジャンプ)」くり返してたら普通死んじゃうでしょ?(笑)俺でさえ5回しか「跳跳」んだことないのに(苦笑)

 

師匠〈偉大な愚者〉の話はどーでもいいんだよ(苦笑)卵の食レポ食レポ(汗)

 

卵の白身はフニフニしていて「こっち」の世界でいうところの「マシュマロ」みたいな食感だった。(ほんのり甘いのもマシュマロに似ていた)

f:id:yuruyakanow:20160608002708j:plain

黄身は見た目こそ普通だが、味は意外や意外、「こっち」の卵の黄身とは違ってヨーグルトの様な酸味があることがわかった。

 「こりゃあ、こっちの世界じゃ味わえない食感だぜ!

 

で、俺がやっとこさ元の世界へ持ち帰った卵をベースに開発された商品がこちら↓

 

f:id:yuruyakanow:20160608002733j:plain

www.lawson.co.jp

148円(税込)だってさ。

俺は1000円ぐらいで売るべきだとアドバイスしたんだが、この値段で売って、なんで俺への決して安くはない報酬が払えているのかは本当に謎。謎だったんだが…

この前の決算みてたら「ゆるやかナウ費」って項目があって笑ったわ。いや笑えないわ。

「いつから俺はあんたんとこの専属ジャンパーになったんだよ?」

 俺はどこにも所属しないって最初に書類にしたよな? 

(前に一度、「誰かのもの」になって痛い目見てる、死者も出た)

 

追記ってか苦言(ここに書いちゃっていいのかな?)

ったく、コンビニの食品開発部の連中が異世界の「レシピ(order)」を血眼になって収集するのはわかるけど、最近「ジャンパー」に無理をさせすぎだから(笑)

俺、「こっち」がイヤになって「帰って」こなくなっちゃうよ?(爆笑)

 

じゃあ、またちょっと「跳」んでくるわ。

 

(俺の神聖な「能力」を「仕事」に落とし込むんじゃないよ、

「痕美尼〈コンビニ〉」の連中はよぉ(笑))

 

また「こっち」で会いましょう。

ヒョンッ(←ジャンプした音)