読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナウは創作モンスター

俺が書いたマンガ置き場。雑記もあるよ!

セブンイレブンのマルチコピー機でマンガのネームをコピー本として出力

30ページぐらいの短編読み切りマンガを書こう、と
シナリオを書いた。

その脚本をネームにしたら
42ページにもなってしまった。

f:id:yuruyakanow:20161222121527j:plain

ネームを書き進めているうちに、
「このマンガ、面白いのか面白くないのか自分で全然わからねえ
って状態になってしまった。

だから、
セブンイレブンにある高機能な印刷機でコピー本の様にネームを冊子にまとめ
まったく初見の人に読んでもらうことにした

まず、 

A4の安いコピー用紙に極細筆ペンでネーム風にペン入れ。
(鉛筆の下絵なしでいきなりペン入れする練習も兼ねて)

f:id:yuruyakanow:20161222123722j:plain

できあがったA4の原稿をスキャナーでスキャンしてCLIP STUDIO PAINT EXに読み込み。

複数の画像ファイルを収納した単一のPDFファイルとして出力。

セブンイレブン公式がコピー本出力サンプルのテンプレートを配布しているので
それと全く同じサイズと解像度でファイル出力)

www.doujinshi-print.com

完成したPDFファイルをSDカードに入れてセブンイレブンへ。

ページ数があるので意外と印刷に時間がかかるかも、と
公式が配布しているハウツーマンガに書かれていたので
早起きして早朝の店舗に向かう。

B4の普通紙に片面2ページ、両面で原稿が4ページ印刷されるので
42ページのネームだと全部で11ページ、両面印刷されて出てくる。

(白黒印刷一枚20円なので印刷費総額220円

出てきた普通紙の束を真ん中で折るとB5のコピー本のできあがり。

予想よりも早く、五分ぐらいであっけなくすべての印刷が終わる。
(42ページあるとは言えPDFにしたら18.8MBとわりと小さい容量だったから、すぐに出力が終わったのかもしれない)
これなら店が混む時間に作業しても余裕だった。

 

マックス ホッチキス タテヨコ ホッチくる 15枚とじ ダークグレー HD-10V/P

マックス ホッチキス タテヨコ ホッチくる 15枚とじ ダークグレー HD-10V/P

 

 

真ん中で折っただけでも本のように読めるが、せっかくだからと
コピー本を閉じるためのホッチキスもAmazonで買っておいた。
(このホッチキスは15枚まで閉じられるとのことだったので今回は11ページ、難なく製本できた)

セブンプリントの白黒印刷は黒ベタの黒の発色がすごくキレイだった(写真は載せない)

 

そして、

「俺より漫画読み」な身内に完成した冊子を渡し、読んでもらう。

この時点で俺は、ネームを冊子で読めるようにPDFファイルにまとめたり、実際にコピー本を完成させたりしたことで
この読み切り短編に対する未練は全くなくなっており、もうどうでもいいや、と完成原稿化する作業に取りかからずにボツにするつもりになっていた

 「この原稿はなぜボツになったのか」という議題で「俺より漫画読みな身内」と議論しようと思っていたら、
意外にもこの短編は好評だった。

「42ページは長すぎるか? 削った方がいいか?」と聞いたら
「削る必要はない」と返ってきた。

 

いろいろコストをかけてやって来ましたが、結局

今でも俺はこの短編マンガが面白いのか面白くないのかわからない状態です。

 

例によって例のごとく
「なんでセブンイレブンでコピー本作ったんだっけ?」と後になって完全に忘れるに決まっているので
こうやって経緯を書いておきます。こういう使い方はどう?っていう提案もかねて。